Apple Watch 6を1年使った感想

発売日にストアに行って買ったシリーズ6も既に1年が経ちました。
そろそろwatch series 7の情報がでてくる頃ですね!!

今回は1年間使い倒したApple watch シリーズ6のレビューをしていきます。

Apple watchでこの1年間よく使った機能

常時表示

シリーズ6にしかない機能で、6の一番の強みでもある常時表示。
元々、腕時計を普段からつけていた私にとっては一番嬉しい機能です。
Apple watchと腕時計の両方を腕につけるには少々見栄えが悪いので・・・

常時表示の恩恵を受けるのは

仕事中に「今何時だっけ?」とよく時計を見る人
リマインダーや通知などをサッと確認したい人
天気や気温を素早くチェックしたい人

常時表示のもう少し頑張って欲しかったところ
文字盤のカリフォルニアやクロノグラフなど、秒針が表示されるものがあるのですが。。
常時動いているわけではありません。
基本的に秒針だけ非表示で、腕を顔に向けて点灯した時や操作中のみ表示され動きます。
バッテリーの問題もあるかと思いますが、せめて設定で動かす動かさないの選択ができればよかったです。

Apple Pay

勤務中は必要ないですが、プライベートで便利さMAXの機能です。
まだApple Payに登録できないカードの方が多いですが、超大手のAppleさんですので遅かれ早かれきっと対応してくれると信じています。

iPhoneでもApple Payは利用できますが、わざわざ取り出す必要のあるiPhoneと腕についてるwatchでは利便性の違いがかなりあります。

通知

通知のためにApple watchを使ってる人も多いのではないでしょうか?
デスクワークであれば手元にiPhoneを置いておくことも可能ですが、それ以外の職種であると勤務中は基本的にポケットやカバンにしまってあるかと思います。
そのため、通知音が鳴るたびにiPhoneを取り出して確認する必要があるのですね。

しかしApple Watchで通知が確認できれば、今返信が必要なもの、今日中に読めば問題ないものなどを瞬時に判断できるので、わずらわしい確認作業がスムーズに行えます。
また、apple watch単体で通知の設定を自分にあったように変更するとより快適になります。

具体例

滅多に連絡の来ない田舎の両親からの通知はON(緊急用)
うざい広告メールはOFF
特に重要性のない友人のLINEはOFF
仕事の通知は全てON

こうすると・・・

iPhone
全ての通知が届く
watch
プライベート  重要なもののみ届く
仕事  全て届く、重要性はwatchで確認

という感じになり勤務中の通知地獄から抜け出すことができます。

カレンダー・日付

仕事でよくスケジュールを確認する人
今日何日だっけ?となってしまう人には便利な機能です。

しかしwatchのアプリを「使う」としての部分でみれば、あまり便利なものと言えず。
日付を確認するだけであれば、watchは最適ですが、スケジュールの確認を目的とする場合、正直iPhoneやiPadの方が優秀です。
標準アプリはwatchが登場した当初よりも使い勝手が上昇したものの、ビジネスで使えるまでには至っていないのが現状です。

というのも、watch標準のカレンダーアプリは「今日の予定」と「当面の予定」しか見れないのです。
今日の予定を確認するタイミングは、おそらく大半の人は1日の始まりかと思います。
朝一にwatchを腕に装着して今日1日の予定を小さなwatchの画面で見るのは些か陳腐な行動です。

午前中に午後の予定を確認する場合、ペラペラとページをめくるように確認ができます。
予定が少ない時はこれで十分かもしれませんが、細かく予定を書き込む人にとっては不便。

Apple watchのカレンダーアプリの良いとこ悪いとこ

今日のスケジュールをサッと確認できる
1日の予定が多いとページ送りが面倒
1日全体の予定を把握できない
コンプリケーションで次の予定を文字盤に表示できる
今日の予定と当面の予定しか見れない

watchでスケジュール管理をがっつりしたい人には不向き。
あくまで直近の予定の確認のみに利用しよう!

時報

時計アプリの設定でチャイムというものがあるのですが、それをONにすると正時(10時11時などの区切り)にバイブレーションと共にサウンドが鳴ります。

時計をチラチラ気にする程ではないが、時間を意識したい場面に便利です。

心拍数

健康を気にする年頃の方にオススメの機能。
筆者は日頃スポーツなどしないのですが、その為ちょっと階段を登っただけでも動悸息切れがヤバイくらい体が衰えています。
ひどい時では、ゆっくり歩いている時でも120拍を超えていたりします。

今一度、自分の健康を気にするきっかけにもなり得る機能なので是非とも活用しましょう。

タイマー

仕事中にあと数分後に〇〇しよう。と思った時にすごく便利な機能です。
画面を操作して時間を指定するのも良いですが、Siriを使えるシーンであれば利用してみて下さい、かなり楽にタイマーが使えます。
プライベートではすっかりラーメンタイマーが定着しています。

天気・気温・降水量

接客業をされている方におすすめの機能。

雨が降りそうだから、傘立ての用意をする
雨が降ったら来客が減る(今後の予定が予想できる)
気温が暑いので客の出入りの際の急激な温度変化に気をつける

watchで天気などが確認できると、外の様子が伺えない状況でも役に立ちますね。

ミュージック

watch単体に音楽を保存して、ワイヤレスイヤホンで音楽を聴く。
ワークアウトなど外に走りに行く人にはうってつけの機能です。
スポーティな動きを要する時に、iPhoneは邪魔になるので持ちたくないと思います。
そこでwatchの出番です。

スポーツをしない、外出する時は必ずiPhoneを持って行く。
という筆者がなぜwatchの便利機能としてあげたのか。

それは、バッテリーの分散が理由です。

今日iPhoneの充電ちょっと心もとない・・・
watchで音楽再生
今日watchの充電微妙・・・
iPhoneで音楽再生

音楽を再生するなという話ですが、通勤時は何か聴いてないとモチベが1日保てないのです。

リモート操作

上記で伝えた音楽再生にもつながる機能です。
例えば、iPhoneで再生をしている時に「なんの曲だっけ?」と曲名の確認する時や次の曲へ飛ばす、音量調整。
もろもろ、イヤホンの方でもできる操作ではありますが、イヤホンの機種によっては操作がしづらいものもあります。
筆者の持っているBOSEのブルートゥースイヤホンは曲飛ばしが癖の強い操作を求められるので、watchで操作しています。

他にもiPhoneで撮影する時にwatch側でスイッチを押せるとこが便利ですが、自撮りしない筆者には全く必要のない機能でした。

Apple watchリモート操作のだめなとこ

歩いてる時にたまに誤作動で音量が変わる
アプリが「再生中」と「ミュージック」で別れているのがうざい
再生中アプリとは
watchやiPhoneでの音楽を再生した時に勝手に立ち上がるアプリ。
またブラウザなどでYouTube動画を視聴している時も再生中アプリは立ち上がる。

なので・・・

1・iPhoneで動画を視聴し動画の途中で一時停止をする
2・音楽聞こうと思いwatchの画面で再生ボタンを押す
3・iPhone上で動画が再生される!!

何かが再生途中であれば。ミュージックアプリよりも再生中アプリが優先されてwatch画面に表示されるので切り替えが面倒。
それと、普段通知ありのインジケーターが表示されるwatch文字盤の上部に再生中アプリの表示がされるので正直邪魔。

通話

ビジネスで使用してはいけません。
あくまで友人家族との通話目的とするのがベターです。
例えば、買い物途中とか手がふさがりがちな時に「あれ頼むの忘れてたから買ってきて〜」といった軽い内容の通話には超絶便利です。

世界時計

海外在住の方はお世話になる機能。
筆者は海外住まいですが、たまに日本の時間がわからなくなる時があります。
文字盤に日本時間の時計を表示しておけば、watchでささっと確認できます。

バッテリー表示

設定次第で文字盤にバッテリーの残量を表示できます。
惜しむらくは、バッテリーを表示させて常時バッテリー切れを気にする必要がなくなることを願います。

残念なとこは、Apple watchを腕から外している時!!

バッテリー表示を設定していない文字盤だった場合、ロックを解除して別のバッテリー表示を設定している文字盤に変えないとバッテリー残量が確認できない。

ちなみに画面下からスライドして出てくるスライダーでも充電の残量が確認できるが、結局ロック解除しないと見れない

もう少しでバッテリー少なくなってきてるかも、と思って充電器に装着するとめちゃくちゃ充電残ってたり、なんて事をしょっちゅうやります。

全ての文字盤にバッテリー表示を入れれば問題ないが、デザイン重視の文字盤を作るとコンプリケーションはあまり表示したくない。
腕時計ライクの見た目でお出かけさせてください。

1・出かける
2・文字盤をコンプリケーションなしのデザイン重視に変える
3・帰宅
4・文字盤を通常用に変えるの忘れる
5・腕から外す
6・あ、充電どれくらいだろう?
7・パッと見れない
8・ロック解除(イライラ)

が筆者の休日のルーティンです。

日常的に必要としないが面白いと思う機能

呼吸

筆者は鬱を患っていた時期があるのですが、辛いときにこの呼吸アプリを使って深呼吸をすると思いの外、心が落ち着きました
また、仕事中などで集中力が切れてきたなぁ。という時にも呼吸アプリを使うと少し頭がスッキリします。

アプリ使わないと深呼吸もできないのかと、問われそうですが、アプリを使うことによって「自分は深呼吸をした」という確かな手応えを感じることが重要かと思います。

写真

使い方次第で、いろいろ使えそうなアプリです。

iPhoneで撮ったお気に入りの写真を眺める
覚えたい単語を撮影して語学に役立てる
時刻表を撮ってサッと確認する

文字盤の写真の方は、アップデートで使い勝手が少しあがりましたが、もうちょっと遊び心あってほしいなぁと思うところ。

ノイズ

面白いけど「へぇぇぇぇえ」で終わりました。

トランシーバー

Apple watchを持っている身近な人がいない筆者には無用のアプリ。
ですが、友人家族がお互い所持しているとちょっとした会話の時に使えそうです。

使わない・使えないなと思う機能

手洗い

特に必要性を感じない。
あと、ブレイデットソロループの時は濡れるの嫌だから外しますし。

睡眠

標準の睡眠アプリも良アプリだと思いますが、他社製の(無料・有料問わず)睡眠トラッカーが優秀なので地味な印象。

とりあえず睡眠トラックしてみたい人は、まずこの標準搭載の睡眠アプリを利用してみましょう。

Apple Watch対応だけど残念なとこがあるアプリ

LINE

詳しい返信ができない
通知をiPhoneとwatch別々で指定できない

とはいえ、昔よりは返信テンプレートが多くなったのでそれなりの返信はできる。

Chatwork

通知がくるだけで、watch本体で本文を読めない

筆者はこれ以外にもDiscordも使っていますが、watchで本文が見れないのはChatworkのみ。
不便の一言に尽きる。

WatchアプリのChatworkのダメなとこ

1・〇〇さんからメッセージが届きました
2・iPhoneで確認、返信
3・数分後
4・〇〇さんからメッセージが届きました
5・たぶん謝辞などの文だろうと思うものの、追加の要望や質問だった場合、返信しなきゃいけない
6・不安なので、わざわざiPhoneをカバンから取り出し確認
7・「ありがとうございます。」(イラっ)

ウェアラブルデバイスだから生活と密着している

Apple watchは腕につけるウェアラブルデバイスゆえに、個々人の生活スタイルによって大きく使い方が変わってくるものです。

参考としまして、筆者の生活は・・・

  • 午前10時くらいにApple watch装着(ほぼ満充電の状態)
  • Bluetooth接続しているのはiPhone 12 mini
  • iPhoneは常時セルラー・wi-fi通信ON
  • 通勤に音楽視聴(20分)
  • 勤務中は常時表示ON
  • 休憩時間に充電
  • watch単体で勤務中に使うアプリは、ほぼタイマーのみ
  • 帰宅中に音楽視聴(20分)
  • 午後10ー11時くらいに帰宅
  • 寝る前のどこかのタイミングで数十分の充電

使用モデル
Apple watch Series 6 40mm GPS アルミニウム

充電は1日持つの?

私の使い方ですと午前に装着した時点で満充電かそれに近しいパーセンテージであればその後、充電しなくても問題なく1日電池は持ちます。
体感としましては、1日半は持つかな?という感じです。
ただ、夜になるにつれて充電が少なくなってくると不安になるので休憩中に充電しています。

また、充電が10%を切ると、watchから節電モードを推奨されます。
節電モードにすると時間表示のみに機能をしぼられて只の分厚い腕時計と化してしまうので、余裕を持って充電をしています。
まれに、前日の夜に充電し忘れ、休憩中も充電できない場合もあり、そうなると帰宅する前に節電モードになる時もありました。
(※節電モードに移行せずにそのまま使い続けることも出来ますが、充電が10%を切るとバッテリーの減りがめちゃくちゃ速いので恐ろしい速度で電源がOFFります。)

バッテリーの管理をちゃんとしていれば、問題なく1日充電は持ちます。
しかし、1日の充電タイミングが安定したルーティンワークになってない人はいつバッテリーが切れるのか少しヒヤヒヤはするかもしれません。
欲を言えば、バッテリーを気にせずに済むくらいにはバッテリー容量は増えてほしいです。

つけ心地はどう?

筆者はシリーズ2が最初のwatchでそれから、今のシリーズ6に代替えしました。

シリーズ2
手首にゴリゴリと立体的なものが当たる感じ
あまりフィットしてる感はありませんでした
シリーズ6
本体がより薄くなっているので、前と比べるとつけ心地アップ
だが、筆者の骨と皮しかない手首(手首周り12cm)にはまだちょっとゴツい

私の場合、手首周りに特に脂肪がつかなく骨や筋に当たります。

また、ゴツさを感じやすい理由としまして・・・

Apple watchは普通の腕時計と違い、手首側にセンサーが付いている
シリーズ6の「常時表示」や「血中酸素濃度」を活かすには手首にぴったり付けなくてはいけない

シリーズ6と同時に発売されたブレイデッドソロループはゆるく装着して、家でつける用にちょうど良くお気に入りだったのですが
ゆるさ加減がシリーズ6の特性と噛み合わなかった気がします。

Apple Watch Series 7はもう少し本体が薄くなるんじゃないかと言われているので楽しみです!!!

タイトルとURLをコピーしました